computadoreschile.com

子育て支援制度に関する考察

子育て支援制度に関する考察 現代の日本は少子化が非常に深刻です。少子化が促進するとこの国を支える経済が回らなくなり、労働力や生産物など全てを外国に依存しなければならず、国力が衰え破綻することが懸念されるのです。そのため政府も子育て支援制度を拡充し、子供を産み育てやすい環境を作ろうと必死になっています。以前の日本よりも学費や教育費、授業料の免除などの拡充が見られ、徐々に子供を育てやすい国になっていることが実感できます。また仕事を持ちながら働く母親を支援するために待機児童0を目指し保育所を拡充したり、産休や育児休暇が取り易いように企業に啓蒙する活動が一定の効果を発揮しています。

しかし子供を託児所に預け働いていても、子供が熱を出したと連絡が入ればすぐさま仕事を放棄し早退し子供を迎えに行かなければいけないのです。そのためまだまだ母親が安心して子育てと仕事を両立させる世の中になっていないのは確かなのです。そのため最近では定年退職した時間をもてあます男性に注目が集まっています。こうした男性がボランティアで夜遅くまで子供を預かり、発熱などのケアにも当たってくれるのです。こうしたボランティアで子育て支援をかってくれる男性を育ジイと呼び、こうした男性の存在が少子化問題の解決の糸口になると期待が寄せられているのです。

Copyright (C)2014子育て支援制度に関する考察.All rights reserved.